本屋大賞

2021年の本屋大賞決定!その順位は?第1位は町田そのこさんの『52ヘルツのクジラたち』に!

2021年4月14日。

今年の本屋大賞が決まりました!!

第1位に輝いたのは、町田そのこさんの『52ヘルツのクジラたち』です!

ノミネート作品の中には、伊坂幸太郎さんの『逆ソクラテス』や、話題となった宇佐見りんさんの『推し、燃ゆ』もありましたが、それらを押しのけての大賞です!

あわせて、1位から10位の順位も紹介していきます。

第1位『52ヘルツのクジラたち』町田そのこ

52ヘルツのクジラとはー他の鯨が聞き取れない高い周波数で鳴く、世界で一頭だけのクジラ。たくさんの仲間がいるはずなのに何も届かない、何も届けられない。そのため、世界で一番孤独だと言われている。自分の人生を家族に搾取されてきた女性・貴瑚と、母に虐待され「ムシ」と呼ばれていた少年。孤独ゆえ愛を欲し、裏切られてきた彼らが出会い、新たな魂の物語が生まれるー。

(「BOOK」データベースより)

第2位『お探し物は図書室まで』青山美智子

お探し物は、本ですか?仕事ですか?人生ですか?悩める人々が立ち寄った小さな図書室。不愛想だけど聞き上手な司書さんが思いもよらない選書と可愛い付録で人生を後押しします。『木曜日にはココアを』の著者が贈る、明日への活力が満ちていくハートウォーミング小説。
(「BOOK」データベースより)

第3位『犬がいた季節』伊吹有喜

ある日、高校に迷い込んだ子犬。生徒と学校生活を送ってゆくなかで、その瞳に映ったものとはー。最後の共通一次。自分の全力をぶつけようと決心する。18の本気。鈴鹿でアイルトン・セナの激走に心通わせる二人。18の友情。阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件を通し、進路の舵を切る。18の決意。スピッツ「スカーレット」を胸に、新たな世界へ。18の出発。ノストラダムスの大予言。世界が滅亡するなら、先生はどうする?18の恋…12年間、高校で暮らした犬、コーシローが触れた18歳の想いー。昭和から平成、そして令和へ。いつの時代も変わらぬ青春のきらめきや切なさを描いた、著者最高傑作!
(「BOOK」データベースより)

第4位『逆ソクラテス』伊坂幸太郎

逆境にもめげず簡単ではない現実に立ち向かい非日常的な出来事に巻き込まれながらもアンハッピーな展開を乗り越え僕たちは逆転する!無上の短編5編(書き下ろし3編)を収録。
(「BOOK」データベースより)

第5位『自転しながら公転する』山本文緒

東京で働いていた32歳の都は、親の看病のために実家に戻り、近所のモールで働き始めるが…。恋愛、家族の世話、そのうえ仕事もがんばるなんて、そんなの無理!誰もが心揺さぶられる、7年ぶりの傑作小説。
(「BOOK」データベースより)

第6位『八月の銀の雪』伊予原新

不愛想で手際が悪いー。コンビニのベトナム人店員グエンが、就活連敗中の理系大学生、堀川に見せた驚きの真の姿。(『八月の銀の雪』)。子育てに自信をもてないシングルマザーが、博物館勤めの女性に聞いた深海の話。深い海の底で泳ぐ鯨に想いを馳せて…。(『海へ還る日』)。原発の下請け会社を辞め、心赴くまま一人旅をしていた辰朗は、茨城の海岸で凧揚げをする初老の男に出会う。男の父親が太平洋戦争で果たした役目とは。(『十万年の西風』)。科学の揺るぎない真実が、人知れず傷ついた心に希望の灯りをともす全5篇。
(「BOOK」データベースより)

第7位『滅びの前のシャングリラ』凪良ゆう

「一ヶ月後、小惑星が衝突し、地球は滅びる」学校でいじめを受ける友樹、人を殺したヤクザの信士、恋人から逃げ出した静香。そしてー荒廃していく世界の中で、四人は生きる意味を、いまわのきわまでに見つけられるのか。圧巻のラストに息を呑む。滅び行く運命の中で、幸せについて問う傑作。
(「BOOK」データベースより)

第8位『オルタネート』加藤シゲアキ

高校生限定のマッチングアプリ「オルタネート」が必須となった現代。東京のとある高校を舞台に、若者たちの運命が、鮮やかに加速していく。全国配信の料理コンテストで巻き起こった“悲劇”の後遺症に思い悩む蓉。母との軋轢により、“絶対真実の愛”を求め続ける「オルタネート」信奉者の凪津。高校を中退し、“亡霊の街”から逃れるように、音楽家の集うシェアハウスへと潜り込んだ尚志。恋とは、友情とは、家族とは。そして、人と“繋がる”とは何か。デジタルな世界と未分化な感情が織りなす物語の果てに、三人を待ち受ける未来とは一体ー。“あの頃”の煌めき、そして新たな旅立ちを端正かつエモーショナルな筆致で紡ぐ、新時代の青春小説。
(「BOOK」データベースより)

第9位『推し、燃ゆ』宇佐見りん

推しが炎上した。ままならない人生を引きずり、祈るように推しを推す。そんなある日、推しがファンを殴った。第164回芥川龍之介賞受賞。
(「BOOK」データベースより)

第10位『この本を盗む者は』深緑野分

書物の蒐集家を曾祖父に持つ高校生の深冬。父は巨大な書庫「御倉館」の管理人を務めるが、深冬は本が好きではない。ある日、御倉館から蔵書が盗まれ、深雪は残されたメッセージを目にする。“この本を盗む者は、魔術的現実主義の旗に追われる”本の呪いが発動し、街は物語の世界に姿を変えていく。泥棒を捕まえない限り元に戻らないと知った深冬は、様々な本の世界を冒険していく。やがて彼女自身にも変化が訪れてー。
(「BOOK」データベースより)

わたしのおすすめは

2021年の本屋大賞も素敵な小説が並びました。

残念ながら第1位の『52ヘルツのクジラたち』はまだ読むことができておらず……。

いや残念ではないですね、このあとの楽しみができました!

個人的なおすすめとしては、やはりまずは伊坂幸太郎さんの『逆ソクラテス』。

安定のおもしろさの伊坂幸太郎さんです。

凪良ゆうさんの『滅びの前のシャングリラ』も好きです。

1か月後に地球っていったいどうすればいいんでしょうね。

伊坂幸太郎さんの『終末のフール』は、同じように小惑星の衝突でしたが、8年後にぶつかるといわれてからの5年後の話だったので、また趣が違います。

『滅びの前のシャングリラ』は急にいわれてもう目の前!だからとてつもない混乱ぶりです。

あとは、芥川賞を受賞した宇佐見りんさんの『推し、燃ゆ』もぜひ読んでおいた方がいい一冊です。

内容的に好みはありますが、こうした世界を知るというのも一つおもしろいです。

2022年のときには発表前に全部読めるようにしたいですね。