ノンシリーズ

事実の裏の真実に戦慄する。米澤穂信『満願』あらすじと感想。

その出来事には、どんな意味が込められていたのか。

この人の描く世界には、不思議な謎が散りばめられている。

今回読んだのは、米澤穂信さんの『満願』です!

といっても、私はこの本が好きで、すでに読むのは3回目。

そういえば感想を書いていなかったと思い、いま書いているところです。

満願って言葉はあまり普段使わないですよね。

満願成就って四字熟語でしか私も聞いたことがありませんでした。

短編集なのですが、その中には「満願」というタイトルのものもあるので、意味を考えながら読むとなおおもしろいです。

『満願』は、2014年に、「このミステリーがすごい!」、「週刊文春ミステリーベスト10」、「ミステリが読みたい!」の首位を取り、三冠達成したすごい小説です。

ここでは、『満願』のあらすじや感想を紹介していきます。

『満願』のあらすじ

〇夜警

〇死人宿

〇柘榴(ざくろ)

〇万灯(まんどう)

〇関守

〇満願

【満願】

弁護士の藤井は学生時代、畳屋の鵜藤重治とそのの妻・妙子のもとに下宿していた。

重治は、藤井に冷たく当たったが、妙子が親身になってくれていた。

司法試験の勉強に行き詰まったときには、何度となく、妙子に助けられた。

ある日、藤井は妙子に達磨市に連れて行ってもらう。

両目が描かれていない達磨たちが立ち並ぶ姿は特殊なものだった。

そんな中、達磨の供養所には、満願が叶って両目が入れられた達磨が、次から次へと運ばれてくる。

その光景を見て、藤井は、自分にもできると開き直り、藤井と妙子は1つずつ小振りな達磨を買った。

そして、藤井は在学中に司法試験に合格することができた。

その4年後、妙子は夫の借金返済を迫る貸金業の矢場英司を殺害した。

藤井は、世話になった妙子のために、奮闘し、妙子の正当防衛を主張したが、第一審では懲役8年の実刑判決が下されてしまう。

控訴をし、第二審の準備をしていたとき、重治が病死。

それを聞いた妙子が涙を流し、「もういいんです」と、控訴を取り下げたため、一審の刑が確定する。

数年が経ち、刑期を終えて出所した妙子が事務所に来るまでの間、藤井は事件を振り返っていた。

なぜ、妙子は控訴を取り下げたのか。

あれは本当に正当防衛だったのか。

妙子が達磨に願ったこととはなんだったのか。

私の一押しは「満願」!

6つある短編、いずれも大満足な内容でした!

その中でも私の一押しは、「満願」です。

きっと、物語の最後、妙子の達磨の目は両方描かれていたのでしょう。

満願成就のために、真意を隠し、自分を殺して行動する女性のすごみがあります。

米澤穂信さんでいうと、『儚い羊たちの祝宴』でもそうでしたが、微笑むその裏に、闇が潜んでいます。

なにかを成し遂げるためには、それ以外のものをそぎおとしていく必要があるんでしょうね。

私も達磨、買おうかな。

「満願」の中では、達磨の視線を気にする場面も出てきます。

また、藤井も、家族の写真が入った写真立てを伏せていたことを話しています。

だれかの視線って、いい刺激にもなり、監視のような締め付けにもなりうるものです。

見ているから頑張れるって人もいるもの。

私はどちらかというとそっちかも。

だれかのためではなく、この人のためなら

「死人宿」もまた、私の好きな短編です。

自殺の名所のような扱いを受けている宿に、元恋人が仲居をやっていること知り、男性が追いかけていく話です。

だれかという不特定の人のために、なにかできる人ってそれは尊いのかなと思います。

でも、私も含めて、そんな行動を取り続けることができる人って稀ですよね。

「死人宿」の男性もそう。

脱衣場で見つかった遺書を読み、常識的に考えて、これはあり得ないだろう、と思考を停止させます。

その点を、元恋人に、「あなたは変わっていない」と冷ややかに言われて、だれかのためには無理でも、元恋人のために、真剣に考えようと思い直します。

だれだって、大切な人っていると思うんです。

その人のためなら、頑張れるのが人間かなと感じます。

世界平和だとか、すべての子どもを幸せにとか、実現できればいいことだけど、私はそのために必死にはなれない。

でも、自分が大切に想っている人のためなら、労苦を厭わず動けるんだろうなと。

おわりに

ほかの四編についても、いずれも粒ぞろいで、間違いのない作品ばかりです。

「関守」のタイトルが示すものがわかったとき、ぞくっとしたし、「柘榴」は、なんとも言えない悲しさと、やるせなさを覚えました。

ミステリーの賞を三冠達成するのも納得です。

個人的には、同じ短編でも、『儚い羊たちの祝宴』のほうが好きなので、『満願』が気に入った人は、そちらにも手を伸ばしてもらいたいです。