その他

想いよ届け!黒木渚『予測不能の1秒先も濁流みたいに愛してる』あらすじと感想。

出だしから、かなり主人公の女子高生が、

「この子はちょっとやばそう」

と思いつつ、どうにも引き込まれるものがある!

今回読んだのは、黒木渚さんの『予測不能の1秒先も濁流みたいに愛してる』です!

シンガーソングライターとして活躍されている黒木渚さん。

この小説以外にも、音楽が題材となっている小説を出しています。

同タイトルの曲も出しており、曲を聞きながら小説を読むとまたおもしろいかもしれません。

高校生の溢れんばかりの思いがほとばしっている小説です。

ここでは、『予測不能の1秒先も濁流みたいに愛してる』のあらすじや感想を紹介していきます。

『予測不能の1秒先も濁流みたいに愛してる』のあらすじ

女子高生の「シッポ」。

長い黒髪を後ろで束ねてポニーテールにしているからそう呼ばれている。

高校二年生になってから軽音部に入部する。

自己紹介では、好きな音楽はパンクで、好きなバンドはクラッシュ、セックスピストルズ、ダムド、ニルヴァーナが好きだと話す。

その視線の先にいるのは、中学が一緒だった森園太陽。

そう、シッポは、片思いの相手である太陽を追って軽音部への入部したのであった。

パンクが好きどころか、音楽に興味はない。

ギターだって弾いたことはない。

でも、すべては太陽に近づくため。

好きな人のためだったら、自分のなんだって変えてみせる!

そんな理由で音楽を始めたシッポだったが、次第にシッポの中で、音楽が大きなものになっていく。

シッポの第一印象はかなりやばい

いや、本当に読んですぐに、

「この子はやばいわ」

と主人公のシッポに感じる人は多いでしょう。

小説の冒頭で何をしているかっていうと、夜中に通っていた中学校に忍び込んでいるんです。

何のために?

決まっています!タイムカプセルを掘り起こすためです!

シッポは、大好きな太陽のタイムカプセルを見たいあまり、こんなことをするんですね。

未来の自分に向けた太陽の手紙を勝手に読み、元に戻すかと思いきや、同封されていたギターのピックと一緒に家に持ち帰ってしまう。

太陽のことをしっかりと調べ上げ、でも、高校に入っても進展がない。

たまらず、軽音部に入部をして近づいていく、という話です。

もうね、読んでいて頭の中は太陽だらけなわけです。

よく言えば純粋だけど、ここまでいくとちょっとホラー。

想いのあまり、次はなにをしでかすのだろうかと冷や冷やしながら読みました。

何にすがって生きていくのか

『予測不能の1秒先も濁流みたいに愛してる』では、どうにも病んでる人がいっぱい出てきます。

シッポもある意味病的なくらいに太陽が大好き。

それなしには生きていけないレベルなわけですが、それとは別に、身近にいたらビビるような登場人物が続々出てきて、「うわーお」となります。

ただ、その人たち一人一人を見ていけば、やっぱりそうなるには理由がある。

きっと必死に生きてきて、それでも、毎日はしんどくて。

徐々に擦り切れていって、そういう生き方に落ち着いていくというところなのかな。

いや、決して落ち着いた生活ではないけれど、そういう風にしか生きられなくなるというか。

小説でよくあるのは、親に問題があって、不遇な幼少期があり、逃げ出せない現実があり。

じゃあどうすればいいのかって、答えはどこにもないんですよね。

シッポも、レジも、カコ様も、太陽も。

みんなこの先、いったい何を思い、何を頼りに生きていくのかな。

おわりに

ふだん、あまり自分が読まなさそうな小説を読んでみました。

そういう小説からも、いろんなものを受け取れるから、たまには違うジャンルを読むのもいいですね。

私の場合、「ほんタメ」やTwitterから影響を受けることが多いんですけど、さすが本好き達の集まり。

まったくはずれがないんですよね。

今回は、現役のシンガーソングライターの方の小説ということもあって、音楽という自分があまり縁のなかった部分が届いてきて、非常におもしろかったです。